趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

50数年前に入手したカメラが熱中症に。

愛用のカメラのシャッターが切れなくなった。 分解してシャッターの調整を行うが全く動かない。 丸一日かけて原因を探ったらわかった! 暑さでシャッター幕ののりしろ部ののりがこのところの猛暑で溶けて先膜と後幕がくっついた状態になっていた。 カメラをいじって数十年、こんな経験は初めて。 寒い朝、カメラが冷えて油分の粘度が増してシャッターが切れなくなるというのは何度か経験したが暑さでの不具合は初めて。 分解ついでに各部を清掃して五十数年前のカメラがまた一段ときれいになって復活しました。 それにしても暑いこの頃です。

CANON 2S、 VT、 P Leica ?F、 RIKOH 519、など古いカメラ専門です。 よろしくお願いいたします。

コメント

小太郎さん

2013年09月04日 05:57

大先輩ですね、すごーい(笑)

私は、Canon VL2を持ってます
他にNikon S2も持っていて、格付けではNikonの方が上だと思うのですが、Canonのシャッターフィーリングの方が好きです

50年前のカメラの先幕と後幕とがくっつくなんてことあるんですね
溶剤分なんて、とっくに蒸発しきっていると思うのですが
でも直って良かったです

また、いろいろ教えて下さい