趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

アンチステルス

YAHOOニュースにこんな記事載ってました、日本なら開発しちゃうかな、以前聞いたはなしですが、戦闘機の火器管制装置アメリカ製をライセンス生産しようとして、ブラックボックス
で拒否され、完成品輸入のみ可で国産開発したらアメリカ製より性能がよかった結果が
でた実績があるので、このレーダー技術が開発できたらすごいですね、日本ならできるでしょう、ステルス機体はレーダー波を乱反射させて一点で返さないことが原理らしいですが

ステルス機が丸見えになる技術開発へ…防衛省

読売新聞 9月19日(木)14時56分配信



 防衛省は、レーダーで捉えにくいステルス性能を持つ最新鋭戦闘機を探知するレーダーの研究開発に本格的に乗り出す。

 中国やロシアがステルス性能に優れた戦闘機の開発を進めていることを踏まえ、日本の防空態勢を強化する必要があると判断した。2014年度予算の概算要求に研究費37億円を盛り込んでおり、10年後の実用化を目指す。

 レーダーに探知されにくいステルス機は、相手に探知されないうちに接近し、攻撃できることから、ステルス性能は「第5世代機」と呼ばれる最新鋭の戦闘機開発の焦点となっている。中国は戦闘機「J(殲)20」の開発・製造を急いでおり、米政府の調査・分析では、25年までに200機程度配備する可能性があるという。ロシアも「T50」の開発・量産化を急いでいる。

 これらの周辺国のステルス機に対し、「専守防衛」を掲げる日本は、防空の要として、ステルス性能を持つ戦闘機を早期に発見し、警戒監視するレーダーの能力を研究・開発する。

コメント

ゼ―さん

2013年09月19日 19:33

.
盾と矛の現代版ですね。

.