趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

性の神秘。

世界中にみられる性信仰や男根崇拝。
古代文明において人々は神々を崇拝して、宇宙創造のエネルギーと関連付け
エジプトのファラオやマヤの司祭たちは、神聖な性の神秘を何世代にも渡って伝えたと
されています。

性は神々が人間になったときに通った道であり、人間が神々となるために通るべき扉で
あると示しているとか、性の神秘とはこの神秘の扉を開ける鍵であり
人間の段階から超人にそしてさらに永遠の存在となるための秘密の公式だとされているようです。
奥義に通じた教えは時の流れのなかで儀式やシンボルを通して伝えられてきたようです。

エジプトにおける性。
死者の書というものがあり、永遠なる生命を得て真のファラオの段階に達する術を儀式を
通して示しています。
ルクソールの神殿に残されている神殿を結ぶ大通りで儀式が行われたといわれています
これらのコンスー神の教えを得ると、イニシェート(奥義皆伝)となりアンクの十字を与えられ
地上での使命を終えるとミイラ化され、永遠の復活を象徴するスカラベを左の胸に
置かれたといわれています。

ローマにおける性。
エジプト文明が終わりギリシャ文明になると、エジプトのコンスー神はディオニシウスの名前に変えられ、オシリスはエレウシスの歌と舞を通して性の復活の秘儀がおしえられたといいます。
後のローマ時代ではディオニシウス神はバッカス神と名前を変え知識を引き継いだといわれています。
しかしローマが領土を広げるようになるにしたがって道徳的、宗教的原則は物質浴や肉欲に
とってかわられ信仰は退廃して性はその真意の意義と儀式的な機能を失って
官能的なシンボルとなってしまったようです。

白タントラの教え
東洋においては閉ざされた秘密でした。
俗界から遠く離れたラマ教寺院ではタントラの教えが、またマンダラにも性エネルギーの
操作に関する秘密のプロセスが描かれています。
タントラの道。
神秘的な死で象徴したところの心理浄化、すなわち人間のエゴ、自我の根絶を伴う
教えです、またタントラにはインドのように性的な彫刻が残されています、エロチックな
彫刻なようにも見えますが
真意は、最上段の彫刻は神聖な創造的性を表す
白タントラなのです。

これは性エネルギーを決して消耗することなく自分自身に命を与えるために使う方法。

なにやら難しいのだが
脊柱の仙骨にある聖なる母 「クンダリーニ」 を目覚めさせて
脊柱に沿って上昇させ昇華させる
そしてチャクラを開花させ悟りへといたる性エネルギーの操作法。

日本にある性の秘儀
日本では仏教の伝来以前に、すでに神道男根崇拝がみられ、その儀式の中にも多くの
性の儀式や教えをシンボルと比喩によって表現したものがあります。
奈良時代に始まったといわれる相撲では錬金術の三大要素であるとされている
塩、水、火 は土俵入りの儀式にみることができます。

まわしの背中の丸い輪(太陽を表す) と同じ七五三縄表したものが、2本の上昇する
チャンネルで性エネルギーの上昇を暗示しているのだとか
力士が受け取る弓と矢も神道の破魔矢と共通しているといわれています。

マヤの遺産と性信仰
マヤ、アステカの主神、ケツッアルコアトル (ククルカン) 羽毛の蛇。
蛇は常に性と関連していることが多い。
例えば聖書にあるアダムとイブの原罪は蛇による誘惑だった。

誘惑に打ち勝ち、この蛇がワシの羽毛でおおわれるとき地を這う蛇は天高く舞い上がる。
羽毛の蛇となる。

蛇と龍は性信仰に関連したシンボルといわれます。
蛇という動物は温度差や振動に敏感に反応するといわれてます
蛇は脱皮をします、これは再生を表します
蛇の二枚の舌は、陰陽の二極的な性エネルギーの用途を示しているのだそうです。

コメント

翔ちゃんさん

2013年08月03日 16:36

俗楽坊さん。

基点、自分の場合は南の火の精霊を基点として水、風、土の順に行ってますが
陽が昇る東を基点としても良いかと思いますが、
勉強不足で申し訳ありません。

四つの方位をカバーするということなので基点はあまり重視しなくても良いかも
しれません。
特定の方位の力を得たければそこを基点として右回りで行ってますが。

マントラとしては
火はRuルルルー
水はBaバーー
空気はYaヤーー
土はLaラーー
です。

翔ちゃんさん

2013年08月03日 15:07

俗楽坊さん。

そうですよね。

動物たちは発情期がありますが人間にはそれがありませんね。
365日が発情期といっても過言ではないかもしれません。

動物の発情期はは生殖のため子孫を絶やさないためのもの、一年365日の発情期を持つ
人間の性も動物と同じ目的だとしたら人口過剰の地球はすぐにパンクしてしまうでしょう。
動物の性と人間の性は異なるようですね。

人間の性は単なる生殖だけではなく創造の意味があると。
性エネルギー = 精気は人間を作るだけではなく人間の内なる創造をする
パワーでもあるのだとも。

翔ちゃんさん

2013年08月03日 14:48

たっぷちゃんさん。

そのとおりですね。

すべての生き物は子孫を残すための活動をしますね。
それぞれの環境にあった方法で。

共通するのは、より強く完ぺきな子孫を残すということですね例えば動物などは一番強いものが
子孫を残しますね。
人間の場合は数千万もの精子の中から勝ち残った一匹の精子が次世代を担います。

翔ちゃんさん

2013年08月03日 14:34

絵里4693さん。

そうなんですよね。

この世では時として、不思議かつ理解のできないような事が起きたり
見えたりすることがあるんですよね。

生涯の間では誰もが一度や二度の経験があるようです。

翔ちゃんさん

2013年08月03日 14:28

俗楽坊さん。

素晴らしい内容のコメントをいただきありがとうございました。  (*^_^*)

とても環境の良いところにお住まいなんですね。
山の神、水神、男根、女木が集まった、まさにパワースポットですね。
男根、女木、 陰陽ですね。
プラスとマイナスともに引き付けあうエネルギーです。
私たちの住む世界とは別の次元の力を感じますね。

四大要素のパワーが宿るといわれている方角です。
火の精霊は南の方角
水の精霊は西の方角
風の精霊は東の方角
土の精霊は北の方角

たっぷちゃんさん

2013年07月30日 15:29

とても難しくて内容も良く理解できずにいたのですが、
『生の神秘』でしょうか。

子孫を残す事はとても大切な事なのですね。