趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

サントゥールーペルシャ

サントゥールは、インド・中近東で最も好きな楽器の一つですが、ペルシャ、インドでは音階が違うように聞こえます。

またこの楽器は、ヨーロッパのジプシーが使っている、ツインバロンと共通性を感じます。


Santour, Santur - Manoochehr Sadeghi, Santoor, persian music
http://www.youtube.com/watch?v=pJEibLgHm7I&list=PLA1DA60551788F11B

サントゥール(سَنتور)はイランの打弦楽器。

クルミ製の台形の箱に多数の鋼鉄製の弦が並ぶ。この弦をメズラブと呼ばれる軽量な木の棒状の撥(クワやくるみの木を細く削って作る)でたたいて演奏する。メズラブは人差し指と中指の間で持ち、硬く乾いた音がする。弦をピックでつまはじく撥弦楽器であるカーヌーンとは異なり、鋼鉄製の弦を木の棒で叩いて演奏する打弦楽器である。典型的なサントゥールは、3オクターブの範囲の音域があり、2組のブリッジを持つ。右手の弦は真鍮で作られているが、左手の弦は鉄鋼で作られている。

名前はペルシア語で百個の弦を意味する。アラム語のプサントゥリアやアッカド語のパントゥールが語源という説もある。

北インドやイラク、トルコにも伝わっており同様の名前で呼ばれる。ギリシアではサンドゥーリと呼ばれる楽器がある。ハンガリーを中心とする東欧地域で見られるツィンバロム(ルーマニアではツァンバルなどとも呼ばれる)、ドイツやスイスなどのチロル地方のハックブレット、イギリス、アイルランド、アメリカなどで使われるダルシマー(アメリカではハンマー・ダルシマー"Hammered dulcimer"とも呼ばれる)や中国の揚琴(ヤンチン)、朝鮮半島の洋琴(ヤングム)、モンゴルのヨーチン、タイのキム(キムチンとも)等も同類の楽器である。

コメント

コメントはありません。