趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ベトナムの伝統音楽の楽器ーダン・チャイン

 ダン・チャイン(ダン・チャンニ、ベトナム語: Đàn tranh / 彈箏)はベトナムの民族楽器の一つ。撥弦楽器である。中国の古筝や日本の箏、韓国の伽耶琴、モンゴルのヤトガなどに似ている。ベトナム北部ではダン・タップ・ルック (ベトナム語: đàn thập lục / 彈十六)と呼ばれている。長い共鳴胴に金属弦が張られ、可動式の駒と糸巻きは楽器の上部に置かれる。

Hòa Tấu Đàn Tranh - Cực Độ Ma Tranh - nhạc không lời nhẹ nhàng và hay nhất 2015 https://www.youtube.com/watch?v=Jtxb5QcLXBU

 ダン・チャインは独奏でも合奏でも、また歌の伴奏にも用いられる。

 13世紀末葉から14世紀初頭には、ダン・チャインは14弦であったが、15から18世紀には15本の弦が張られるようになりthập ngũ huyền cầmと呼ばれた。19世紀になり、16弦のものが現れ、この16弦のものが1980年代初頭までもっとも一般的な形態として用いられてきた。

 ダン・チャインをはじめとする古筝、箏、伽耶琴、ヤトガなどの楽器は、東南アジアの竹筒のツィターを原型として発達したものであろうことが、20世紀の音楽学によって示された。

コメント

コメントはありません。