趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

奥穂高岳

8月25日、涸沢で山ヨガを行ない、アミノバイタルを飲んで出発。ザイテングラードを経て穂高岳山荘へ向かう。朝は青空が広がっていたのにだんだん雲が増し、頂上は霧の中になってしまった。穂高岳山荘で弁当を食べ、再びアミノバイタルを飲み、全員で奥穂高岳の頂上に向かう。小屋のすぐ上に急なはしご登りがあるが、全員無事通過。濃霧で視界はきかなかったが、全員元気に頂上に立った。

山は下りに事故が多いので、気をひきしめ、下山開始。アミノバイタルは疲労回復に効果があるので安全に歩き続けられるのがいい。

2時には穂高岳山荘に着き、全員でカンパイ、この瞬間がふれしいですね。
夕方までの自由時間、ジャンケンで勝った女性2名に「田部井 淳子のゴールドフィンガーによる健康エステ」を行なう。
「ウーム、気持ちいい」「肩までビリビリしますね」
「耳たぶってツボだらけなんだ」と感心してました。

夕食後は私の経験談を約40分。なんと最後にロープのマジックをして皆を煙にまきました!!

8月26日 4時30分、朝焼けが雲間に見えましたが、
気象予報士の村山貢先生の予言どおり上にも下にも雲海が出て、またたく間に霧となりましたが、6時小屋を出発。2時間半で涸沢へ。
涸沢フェステイバルはまだ続いており、ジャンケン大会がはじまってました。私達のグループの4人がザックやポーチなど当たって大喜び。

後は一目散に横尾を経て上高地まで下り、梓川の流れや森林浴を楽しみました。3時にバスが配車されるとのことで、上高地で私は全員と別れ、沢渡から夫の車で川越の自宅へ。

1日よく歩きました。私が最年長者でしたが、
60代の方も若い方も足並みそろっていて気持ちよかったですね。


写真
(左)朝は山ヨガをして涸沢を出発
(中)奥穂高岳への登り
(右)濃霧の中、頂上に到着

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。