趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

とちぎ秋まつり

栃木市は佐原・川越と並び関東の3小京都の1つです。
市内には、巴波川(うずまがわ)が流れ、蔵の街大通りを中心に商店街が軒を連ねています。

13日(土)夕方、2年に1度開催される栃木市最大の祭典、とちぎ秋まつりを楽しんできました。

とちぎ秋まつりは、市内に伝わる豪華絢爛な9台の人形山車が、蔵の街大通りをメイン会場として巡行します。
金糸銀糸の美しい刺繍が施され、美術工芸文化の粋を集めた豪華絢爛な人形山車は見事でした。
又、複数の山車が向き合ってお囃子を競い合う、まつり一番の見どころの「ぶっつけ」は迫力があり、山車の引き手が堤燈を手にお囃子を盛り上げます。

夜は堤燈の灯に照らし出された山車とお囃子の幻想的な世界が広がり、一見の価値があるまつりです。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。