趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

病院にて〜その19

◆11月12日(金)◆

 義母の部屋の片づけをしていると【歌集】が出て来た。
ディサービスで頂いてきたもの。

 義母は昼中は食堂で過ごすことが多い。リハビリの疲れもあって、
ついつい、うとうとしてしまうと、容赦なく「〇〇さん!起きて~ぇ!」と
檄が飛ぶ。義母だけでなく、他の患者さんに対してもそうだ。

 今日は眠気覚ましに【歌集】を義母に渡して…
「ねぇ、唄ってみてよ」というと、声は小さいが唄いはじめたのだ。
その歌に合わせてスタッフの方も、そして周りにいる方も口ずさみ、
もちろん私も唄い、ちょっとした合唱団になった。

 昔の歌の歌詞は皆さん諳んじておられる。大したものだ。
歌はいい。みんな明るい顔になって、寝ている人も、もういない。

 ◆11月13日(日)◆

 2日に一回の電話は必ずお願いね〜ツレはそれを一度だけ忘れたことを私が怒ったからか、それからは毎日かかって来るようになった。
同行のE氏が介護の先輩?で昨年母上を見送ったばかりの方で
いろいろと経験談をして下さるようだ。

 「夫婦二人だけで看るのは大変だ」ということ。
 「施設も選択肢に入れた方がいい」ということ。

 既に家で看ることを前提にことが進んでいる。とにかく
やってみて、それから考えよう。自宅に戻ったら、急に元気に
なった人もいると、どなたかのコメントにあったもの。それに希望を
託そう。

 「もうすぐ お父さん(ツレのこと)帰って来るからね」
 「そう、今回は随分と長かったわね」と返してくれる。
 どうやら、可愛い息子のことは忘れていないようだ。

 良かったね。

 「息子を忘れたらもう終わりだよ〜」と自信満々にほざいていた。
「息子忘れたら施設だぞ」と冗談まかしに義母を脅していた。苦笑。
2週間くらいの不在で忘れてしまうなんぞありえない深い深い親子の絆なんだわ。


http://www.youtube.com/watch?v=k1jGqZ5sJAo&feature=related
【森山直太朗 ♪思秋期♪】

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。