趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

佐渡の秋

12日から14日まで佐渡へ行ってきました。親しくしている佐渡在住のご住職から依頼され、お会式の法要に出仕し、その後40分ほど法話をさせていただくためです。

 日蓮宗のお会式(おえしき)は、宗祖日蓮聖人の命日10月13日(陰暦)にあわせて行われる法要で、お祭りの雰囲気もある大事な年間行事の一つですが、開催日は寺によりまちまちです。命日にお祭りとは、理解しにくいかもしれませんけど、宗祖への報恩感謝の気持ちがお祭りの気分を生み出しているといえるでしょう。池上本門寺のお会式(新暦 10月13日に行う)などは各地から集まった信徒団体の集まり(講中)が、万灯や提灯を掲げ、纏を振り、団扇太鼓や鉦を叩き、題目を唱えながら境内や寺の近辺を練り歩くなど大変賑やかなもので有名です。

 12日の往路の船旅は、海がやや荒れ気味で、船長のアナウンスでは波は3・5メートルの高さ。まるで数多の白兎が跳ねるように海面には白い波頭が立っていました。ときどき大きな波が船腹を叩きつけ、舟を揺らせます。しかし船は予定より7分遅れただけで幸い無事に両津港へ到着。

 迎えに来てくれたご住職の車で、時に夕暮れの海岸沿いの美しい光景を賞でながらご自坊に向かって約1時間ドライブしました。山門の奥に建つ本堂は築数百年の見るからに古色蒼然とした趣のある佇まいで、心を癒してくれるものがあります。境内の落葉樹が、見事な黄色に紅葉しているのには思わず嘆声を上げました。

 ご住職は30代の若さでありながら、亡父であった前住職から海辺のこの寺を引き継ぎ、檀家数40軒ほどの寺を護持する努力を懸命に重ねています。京都の古刹をめぐる詐欺事件が報じられたばかりですから、ご住職の姿を見ていると一層頭が下がる思いでした。  

 明日16日から18日までは岡山での研修会に行ってきます。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。