趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

究極の『親孝行』

昨日、高3の孫娘の入試発表があった。

爺と婆は、二人で朝から吉報をまったが、
夕方になっても、連絡はなかった。

いらいらと丸一日待たされ、
やもうえず、こちらから電話してみた。

息子の嫁が言うには、
「はい、大学からの郵便は、来ているのですが、
主人が、本人に開けさせるように、と言いますので、
そのまま、ここにおいてます」

「それで、本人は?」

「はい、バスケの練習なので、夜8時頃には」

「うーん、そう、わかった」

電話は、そこで切ったが、
なにかすっきりしない。

わかるよ、「試験結果の封書は、
本人に開封させる」
という、息子の考え。

しかし、朝の4時から、はりきって待っている
爺と婆は、どうなる???

でもまぁ、
「すぐ開けてみろ」とも言えないので、
とにかく、孫の帰宅を待った。

そして、

午後8時近くに、孫から電話だ。
「授業料半額免除の奨学生にもうかったよ」
と当たり前のように言う。

あぁ!やれやれ。
爺と婆は、ほっとした後、
がくんと疲れがきた。

それにしても、
授業料半額免除は、何よりの親孝行だ。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。