趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

民主党内にも憂国の志士が

天晴れ、天晴れ よくぞ言ってくれました。
驕り高ぶる 望月の欠けたることなし、この世の春を
権力のあるがままに肩怒らせて闊歩していた、
時の陰の実力者に鉄槌が下る。

勿論仙石官房長官である。
中立の立場にある参議院議長の西岡氏である。
中国漁船衝突事件で市不の対応を巡り
”仙石官房長官の責任が重い。
責任が問われて仕方がないのでは”
理由をはっきりと述べている。
明快で誰でも納得で知る説明である。

さて喉元に横槍を突きつけられて売られた喧嘩。
政府の要人仙石官房長官は如何に受けるか。
面子として逃げる訳にはいかないでしょうね。

ダメ菅首相の権力を借りるか。
それとも単独で横綱相撲を取るのか。
全く興味深い。さて今後の動向は。

西岡議長と言えば小沢元幹事長の20年来の友人で
常に行動を共にしている。
ツーと言えばカーの関係でしょうね。
それだけにビデオ流失と言い、この発言と良い、
全くのグッドタイミングですね。

9月の代表選でも小沢元幹事長に
何時までも陰の実力者では無く
堂々と政権を取って御自分の政治の集大成にしたらと
出馬を進勧めた。

参議院議長に就任する際も自民党始め野党から
前任者の江田氏が無茶苦茶な議員運営をしたので
民主党から選出に対して猛反発があったが、
ここに来て就任大正解ではなかったか。

裏評論家指示では
今裁判中で深く静かに潜行中の
小沢元幹事長はしかけたとも言われている。

その第一弾はビデオ流失事件である。
政府が極秘扱いにしている理由を国民の前に、
白日の下に曝け出すためで。
余りの反響の大きさは想定外ではなかったか。

更に追い打ちをかける第2弾がこの西岡議長の
大胆な政府批判でないか。
これだけ援護射撃をしてもらって
野党が仙石官房長官を辞任へ追い込まなければ。

第3弾も既に用意されているのでは。
それはこのビデオを何故極秘に
しなければならないあったのか。

最大の原因である殉職者2名の死因調査である。
もう既にあるサイトでは名前も挙がっている。
しっかりと家族の面接も行っているであろう。
これが証明出来れば菅内閣と言えども崩壊でしょうね。

猛き人も遂には滅びぬ=盛者必衰の理を表わす

いよいよ 驕れる者久しからず→溺れる者藁はも掴む

仕上げの最終段階ですね。
解散総選挙近しでしょう。
仙石官房長官議員達に選挙準備急ぐように
通達を出したとか出さないとか。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。