趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

形見の鉛筆

今春、
「こりゃ、胃がんです。他臓器への転移を検査しましょう」
と、宣告された時、
二人の孫への形見を考えた。

あれこれ思案の末、
「500色の色鉛筆」を25本ずつ、20回に分けて、
       ↓
http://www.felissimo.info/contents/colors/concept/index.html

送ることにした。

ずいぶん以前に、アメリカへ旅行した時、
機内でおみやげに買った24色の色鉛筆を、
今も大事に使ってくれていることを、
思い出したからだ。

二人の孫には、
「250本ずつ分けて持つように」と伝えた。

月に一回、25本ずつ届くようになって数ヶ月たった。

微妙な色合いの違いがある色鉛筆、
見ているだけでうききしてくるほど楽しいのだ。

孫たちに贈るのが、惜しくなってくるが、一週間だけ、
我が家において、その後、贈ることにした。

爆発的な売れ方らしいが、
なんとなくわかるような気がする。

先日、その鉛筆で書いた
私と家内の絵をはがきに描いて贈ってくれた。

ありがとう!

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。