趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

おばあさんのパンツ

今日は、家内の体調がいくらか良いので、
午後から、
近所のスーパーに買い物に行く予定だった。

出かける直前から、左足が痛み出し、
結局、私が一人で行くことになった。

「悪いけど、私のパンツも買ってきて」
と言われて、
「うん!」
と一瞬、迷ったが、
「おいおい、わかった」
と返事してしまった。

人生、67年。
女性のパンツ売り場などをうろうろしたことはないし、
女性のパンツを買ったこともない。
言わば「初体験」
(ほんとうです)

「わかった」
と言った限り、出かけなくてはならん。

運転の道中、
全能をふりしぼって、思案した。

高杉晋作は、
「窮地に陥った時、天賦の直感に聞け」
と言った。

切れ味鋭い、名案が浮かんだ。

お店の女の子に、
「すみません、おばあさんのパンツを適当に四五枚
選んできて。家内が病気なもんで」

「パンツって、パンツですか?」

なんとアクセントが違う。
うーん、
そう言えば、
ズボンのことを、
パンツという人もあるという話を聞いたことがあったな。

「いや、あの、下着のパンツ」

「あぁ!わかりました」

こうして窮地は、なんとか乗り越えた。

が、
寒風の吹く寒い日なのに、
おでこから、ポタポタと汗が流れ落ちた。

この汗の原因を考えながら、帰宅したが、
未だに確たる原因は、不明である。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。