趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

沖縄の選択   !

どうやら沖縄知事に仲井真氏が当選した。だが、沖縄県民が示した現実的な選択も、民主党政権のはっきりしない対応に対してどう向き合っていくのか、問われるのは民主党政権の基本的な考え方にほかならない。

思えば前政権の「反米」姿勢は日米関係に大きな決定的な亀裂をつくってしまった。それまでは少なくとも長い日米交渉の中で事態は改善に向かっていて、最終的には普天間は移転の方向で進展したはずで、それをぶち壊す意味が本当にあったのか、尖閣侵犯や北朝鮮の脅威は反米を叫んで解決するわけではない。

今回の沖縄知事選挙には日本本土から支援者が乗り込み、さまざまな工作を行ったとも聞く、両候補者とも「県外移設」は共通していることにもこの知事選の欺瞞性が見えてくる。仲井氏は少なくとも県外を主張しつつ、現実的な対応を示唆しているが、一方はすべての基地を撤去とする強硬な姿勢を堅持し、無防備になることを主張する。

この無責任な主張ほど国家を危うくするという危機感を覚えるのである。県民は少なくともこのような非現実的な考えを拒否したといってもいいだろう。この選挙戦には沖縄のサヨク的新聞「沖縄タイムス」は「中国漁船の日本領海での操業と、中国海軍の活発な活動を結び付けて中国に対する警戒感をかきたてるようなことがあってはならない」主張し、あげくに日本がなくなり、シナが台頭することがいいような「沖縄栄えて、日本滅ぶ」という一文を掲載する。

もう一方の琉球新報は「中国脅威論大いに疑問」とシナの言い分がすべて正義で日本はそれに逆らってはならないというような見解を主張する。沖縄のマスコミはすべてこのように反米・反日・反基地のサヨク的見解の立場に立ち、旧日本軍の命令で集団自決させられたとする「嘘」を新聞に掲載し、県民を煽動洗脳してきたマスコミと日本本土で闘争目標をなくした活動家たちが沖縄に入り、選挙活動を行ったが、沖縄県民をだましきることはできなかったというのが、今回の結果であろう。

私は沖縄には基地が必要だと思っている。それは国家の一員として、国防はいち地方自冶体が選択するものではないという考えだ。国家が基本的な戦略に基ずいて国防というものは成り立っており、問題外と言いたい。仲井真氏が「県外移設」を持ちながら、基地の必要性を念頭に置いて日本国かの安全のために速やかに基地問題の解決に助力してほしいものである。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。