趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

枝葉末節ばかりのあきれた政治と報道(田原総一朗の「ここだけの話」)

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20101130/253229/

今臨時国会の会期は12月3日までで残りわずかだ。2010年度補正予算が11月26日に何とか成立したものの、しかし、この臨時国会はいったい何だったのだろう。おそらく国会テレビ中継を見た方、新聞で読んだ方も同様の思いで、あきれはてているのではないか。

まともな質問をしたのは自民党の石破氏と林氏くらい
 今回の臨時国会は補正予算を議論する場であった。ところが、補正予算の中身をどうするかについてまともな質問をした野党議員は、私が知る限りでは、自民党の石破茂氏と林芳正氏くらいで、あとはほとんど関係のない質問ばかりしていた。

 政府・民主党にも問題はある。なぜこの補正予算を組むのか。その理由がよくわからないのである。もし、対立点があったとしたら、二つだ。

 一つは財政に負担をかけないための予算の組み方である。財務省によると、「国の借金」は今年6月末時点で904兆円と過去最高を更新、これは国内総生産(GDP)比で180%以上になる。900兆円を超える巨額の借金を抱えた国は、世界でもちろん日本だけだ。

福祉医療費と地方交付金の削減に踏み込めるか
 もう一つは逆に、景気を回復するために積極的な予算を組むというものだ。失業者が多く、大卒就職率も60%と極めて低い状況で、しかも深刻なデフレ状態にある。こうした状況から脱却するための予算を組むという考え方である。

 財政に負担をかけない補正予算を組むのか。デフレから脱却するための補正予算を組むのか。この二つでまったく逆の予算の組み方になる。

 2010年度予算は歳入が37兆円、歳出が92兆円。歳入の足りない分は国債発行44兆円、そしていわゆる「平成の埋蔵金」11兆円で穴埋めしたが、もしこれが企業ならとっくに倒産していてもおかしくない。

 借金をこれ以上増やさないのであれば、消費税を上げるか、歳出を減らすしかない。歳出を減らすには、地方交付金を削るか、福祉や医療などの予算を削減するしか方法はないだろう。

 国家公務員や国会議員の数を減らすという議論もあるが、民主党が言っているように2割カットしたとしてもその効果はたかだか1兆円程度だ。歳出を大幅に減らすには、福祉や医療費、地方交付金の削減に踏み込むしかないのである。それができるか? できないだろう。

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。