趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集漫談』(141)…迷いの森から逃れて、開いた絢爛たる花園。

(141)今のごと 恋しく君が 思ほえば 
       いかにかもせむ するすべのなさ
       巻十七・3928 大伴坂上郎女
大意・ 今からこのように恋しいようでは、貴方が旅立たれた後、私はどうしましょう。切なさが一途に募るばかり…。

解説・ 疫病がはやり、山火事、地震が頻発し、天変地異の世情を憂うあまり、行幸と遷都を繰り返された聖武天皇の奇行とも思える放浪は、745年に平城京への遷都で落ち着き、兵器等も運び込まれます。
大伴家持も行幸や遷都に天皇のお伴で、さすらいの旅を続けたのですが 天平18(746)年3月に宮内少輔に、7月には越中守(富山県知事相当)に任じられ、この歌はその赴任を祝う坂上郎女の歌です。
まるで恋人に対する惜別歌ですが、姑ですし娘の大嬢の気持ちも歌に詠みこんだもの思われます。

(141’) 万代(よろづよ)と 心は解けて わが背子が
       摘みし手見つつ 忍びかねつも
        巻十七・3940 平群女郎(へぐりのいらつめ)

大意・ 万代までと心を許しあってといい、貴方が握ったこの手を見ながら、もう、耐え切れない悲しみに包まれています。 
解説・ 越中守着任後に届いた平群女郎からの12首がある。その中の1首を引用しましたが、なかなか切実で「…夜の紐さへ解かないで、貴方に恋焦がれねばならないのでしょうか」3938のような歌もあって、家持の舎人、内舎人時代のプレイボーイぶりを垣間見る思いです。

政治的には僧、行基が大僧正(745年)となり、聖武天皇の母,宮子の病気を治して宮廷で幅を利かした唐帰りの僧、玄ボウが筑紫の観世音寺造営の名目で左遷(745年)させられます。

深く仏教に帰依し、比類なき大仏建立を発願され、東大寺を建て、全国に国分寺、国分尼寺を建てるという、仏教を基軸に国家鎮護を考えた聖武天皇は、一方で唐文化の吸収にも熱心でした。藤原家出身の光明子という皇族でない妃を皇后にするなども異例のことです。
勿論、藤原一族の強力な支援と政略によるものですが、後世に絢爛として誉れの高い「天平文化」が生まれた背景は、藤原広嗣の反乱もあって、久しく森に迷い込むように右往左往した、かっての聖武天皇の奇行が止まり、嘘のような立ち直りをみせたことから生れたものです。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。