趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

有休休暇は誰の物?

先日のバスの中、おばちゃん同士の会話です。

   「ねえ〜ちょっと〜常識無いわよねえ〜。」

   「あの娘のこと?」

   「連休取りたいらしいけど、実家に行くんだって。」

   「ふんふんそれで・・・?」

   「うちは同時に2人までって決めてあるでしょ?」

   「まずは先輩を優先して“新人は順番で来年にしてね!”」

   「そう言ったら“有休は個人のものですよね”だって。」

どうやら、職場で有休がダブらないように“内規”を決めてあるようだ。

お二人とも、その職場ではチーフクラスのようです。

忙しい仕事の合間で、人の面倒を見るのは大変な事は分かります。

しかし、若い人が自分の権利を主張する事に我慢がならない様子。


私は個人的には上記の考え方には無理があると思っています。

   “有休(連休)”は、取りたい時に取って貰う。

   “ダブった時”も、仕事に影響が無ければ休ませる。

   客先や関係者が困る場合などに限って“日程”を調整する。

あくまでも、有休は個人の希望に沿って取得出来るようにしたい。


誰だって“仕事”は楽しくやりたいし、穴を空けてまで休みたくはない。

仕事が面白いから、たまのお休みが楽しいのでは無いだろうか。

私は楽しい企業人生を送って来たが、上記の方々はそうでは無い。

決め事が先で、その決め事を守るのに窮々としている。


確かに、連休を揃って取られたら会社は成り立たない。

しかし、希望だって予定を張って置けば事前に調整できる。

大体、同じ日に何人もが重なる事が有るのだろうか?

仕事だって、定員だけ職場に居なければならないのもおかしい。

お客様が優先されるのは勿論だが、従業員の働き甲斐も大切だ。

仕事の山谷に合わせて、柔軟な対応を計るためのスタッフ。

それが貴女方の仕事では?・・・と言いたくなった。

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。