趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

日本の教育をだめにした槙枝・・・・  !

「日教組」これは戦後教育を共産主義化しょうと企んだ集団であり、その中心的約割りを担ったのが、共産主義者槙枝元文である。北朝鮮シンパ、シナ賛美者として、49年の春闘で「4・11全日スト」を実施、地方公務員法違反で有罪判決、とにかく日教組の戦後史は共産革命にのっとった闘争の歴史でもある。

昭和29年「教育公務員特例法の一部改正案」いわゆる教育二法が成立し、学校の先生たちの政治活動が出来なくなったにも関わらず、その時点でも現在でもこの法に抵抗し続けている。

まさしく日本の教育の危機は日教組によって作り出されているという実態は当時のハト派とされた故坂田道太文相も「一番おそるべくは、教壇から何もわからない子供たちに向かって『社会主義でなければならない』と言うことだった」と語る。

なんといっても人質に子供たちをとっての教育は意味のもわからないまま「反米」「反自民」を植えつけられた団塊の世代がここでも時たまコメントなど寄せてくるが、その見解の貧しさには驚かさせられるが、この世代こそ国旗・国歌否定するように教育された日教組の戦士とでもいえよう。

まさしく滅亡の日本を目指しシナや北朝鮮とともに日本国家解体に貢献した張本人といってもいいのである。われわれはこの槙枝元文という人物を反国家主義者として永遠に記憶にとどめ置くことが必要であろう。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。