趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ピッケルの思い.記(22)

読書、そしてTV

中里恒子の「忘我の記」を読んでみた。

 辻村伊助の伝記的小説とでもいえようか、近藤信行さんのわかりやすい解説があるので、私が語る必要もないのだが、「スイス日記」「ハイランド」の2冊合わせて、更にこの「忘我の記」を読むことで、伊助の日本の山、アルプスの登攀、ローザ・カレンさんとの国際結婚、大正12年関東大震災よる辻村伊助一家全員埋没という惨事まで、その生い立ちから全てを、完結的に描きつくしている作品といえるのでは?・・・


ルイジ・マリオさんの事 

 昨日、BSTVで作家角田光代さんのドロミテ紀行があった。
興味があったので観ることに、身体をソファーの奥深く座り、観ていると、突然にも吃驚したことが、ガイド役で写っている人物はマリオさんだ。
 
 懐かしい人だ、確かにルイジ・マリオさん。

 マリオさんは昭和45・6年頃だったか、日本アルパインガイド協会創設当時のメンバーでした。

 日本では確か宗教の研究?が目的だったのか、5〜6年滞在して日本の山を登っていた。
 
映像で観るマリオさんの姿に、雲水の風貌を感じた。

カテゴリ:スポーツ・アウトドア・レジャー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。