趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

高齢者の万引き

東京新聞(12/6)によれば、かつて万引きは少年犯罪の代名詞であったのに、65歳以上の高齢者による万引きが急増し、2009年の摘発は27,000人で、19年連続で増加し、20年前の7.4倍近くに及ぶとのこと。全体では高齢者は2割を占め、3割に減少した少年に並びそう。

 万引きを犯す理由として、社会からの孤立、友人がいない、相談相手がいない、生き甲斐がないことが、他の世代より多く、4人に1人は孤独を感じ、2人に1人は生活に窮している。警視庁は行政や民間団体と協力して高齢者の社会参加を促し再犯防止を試みるとのこと。万引きした50歳以上で支援を望んだ100人に、1年間試しにカラオケや入浴などのレクリエーション、パトロールや清掃などの仕事を世話したり、生活保護などの窓口に取り次ぐなどして、支援のなかった100人と効果を比較する由。福祉的な視点からの取り組みと新聞の筆者は期待を寄せていますが、同時に万引きした高齢者が自分も必要とされ、評価されているといった自信や責任を持てるかが再発防止につながることも記しています。

 社会的背景として格差社会の存在、セーフテイネットの不備などが考えられますが、仕事一筋に人生を生き抜いてきて人が、退職し打ち込む対象をなくした時の空しさが、社会からの孤立、友人がいない、相談相手がいない、生き甲斐がないの一因になっているのではないか、と私は思います。退職後も充実した生活を送るには、在職時から智慧と努力を惜しまないことが肝要であることをこの記事は示唆しているようです。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。