趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

物部のこと

2年半前に、畑井弘著「物部の伝承」(講談社学術文庫)を読み、よく分らないまま歴史コミュにコメントなどを書いたが、あらためて再度読み始めた。
それと言うのも、その後に読んだ同氏著の「天皇と鍛冶王の伝承(大和朝廷の虚構)」を読んで、その中に物部についてのくだりが出ており、再確認しておきたいと思ったからである。
「物部の伝承」は1977年に吉川弘文館から出されたものを、文庫本として出版したもので、35年を経た今でもその内容は実に示唆に富むものであり、文庫本として再出版されたことは、物部の伝承について何一つ知ることの無かった私にとって、その機会を得ることとなり、おぼろげながらもその輪郭が掴めることが出来たことは、私にとって誠に有難いことではあった。
更に、最近教わり始めた万葉集の解読が、当時の言葉の意味が分らないまま、今風の読み方での解釈になっていて、本来の歌のニュアンスとは異なる現代風の解釈になっていることを痛感させられ、当時の政治情勢、社会情勢を今一度考え直す必要があると強く思った。
著者は自説に誤りや独断がありはしないかと懼れる一方で、出した結論には自負もあるのではないか。
また著者は「記紀伝承の虚実」においても独自の論究を展開しており、氏の論を頭において記紀を見直すと、記紀の書かれた所以が理解できるように思う。
なお、物部氏の実態については、機会を見て纏めた上であらためて書こうと思う。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。