趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

いきなりですが、「ヘソを噛んで死ね」ますか…???

今日はいつもと毛色を変えた話題を一つ…。


先日、職場で、言葉のことが話題になった。

それは、「ヘソを噛んで死ぬ…」という表現。

関西方面の人からの文章に出ていた表現なんだけど、
職場で「こんな言い回し、聴いたことがない!」という
意見が…。

どうも、書いた人は、
『バカバカしくて、やってられん!』という
意味合いで使っているようだ。

確かに、「舌を噛んで死ぬ」とすれば、
不条理なことに憤って「憤死する」という
意味合いで使うこともあるだろうし、

同じような、憤りに耐え忍ぶなら、
『臍(ほぞ)を噛む』という表現がある。
しかも、「臍(ほぞ)」は、ヘソのことだ。

だから、「ヘソを噛んで死ぬ」という表現も、
同じように考えれば、
あまりに不条理で、そのバカバカしさに呆れ果て、
悶絶死でもしそうだ!
…とでもいうニュアンスだろうか?

不確かな記憶だが、
かつて手塚治虫の『ブラックジャック』で
読んだような記憶もある…。
彼は、宝塚出身だったし…。

関西方面の方で、
こういう言い回しを、普段使うかどうか…。
また、どんな意味で使うのか?

誰かご存知の人がいたら、教えていただけませんかねぇ…。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。