趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

反基地闘争にまどわされるな・・・・・!?

反基地・反米の沖縄の活動家たちは、単に基地と米国が沖縄から出ていくことが、当面の目的であり、日本国家の安全とか人民の幸せなどこれっぽっちも考えてはいない。基地がなくなれば平和が来てシナも北朝鮮も話し合いで友好関係が作れるのだという。短絡的考えだけで闘争を行っている。

今回の前原外相の考えは当然と言えば当然で、ただ、同じ党内の鳩山前首相の何にも考えないで「県外移設」を吹聴した愚かさはサヨクそのもので、結果として日米関係が重要だということが後になって理解するという。間抜けぶりは政治家としての決定的な過ちを犯したことになるのだから、沖縄の活動家以外の県民にとっては、純粋に考えて民主党政権に対する不満はぬぐえようはない。

反対のための反対にも問題がないわけではない。基地近くの小学校移転が前市長の時点で決まっていたものを覆すということ、なんでも小学校を移転させると基地反対闘争の目標がなくなってしまうというなんともお粗末な基地反対派の市長の言い分は単なる理想論を展開するだけで、基地問題の解決には程遠い、前市長は基地に代わる企業誘致や大学、行政施設などを受け入れ雇用を拡大してきたという。

辺野古沖移転に対して、反対派は環境問題を口にするが、米軍管理地で日本人が関心も持ったことがないという。基地反対に対して都合のいいことはなんでも利用するという沖縄の基地反対活動家たちとマスコミ「沖縄タイムズ」「琉球新報」なども加わって、沖縄の本当の声をねじ伏せてしまうというサヨクファッショイズムが沖縄を複雑化させている。

辺野古沖への移転がなければ。当然現状の普天間を使用することしかないし、現時点ではきわめて現実的な選択なのである。ただ言えることは民主党がまいた種であり、いずれにしろその責任は極めて重いことは確かである。

沖縄県民は日本国民として、シナや北朝鮮の脅威に真剣に対峙してほしいと思う。反対活動家はシナや北朝鮮に依存し、国を売るような言動を行っている。県民の皆さん活動家の掲げるこのような日本国家を売り渡すような活動を否定してもらいたいと説にねがうものである。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。