趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

物部(閑話:孫悟空)

50年前島根県の砂丘の墓から頭蓋人骨が発見され、その眉間に銅の錆と思われる丸い緑色班と、その銅の飾り板をつけたと思われるバンド圧痕があった。

これは、多分銅の鍛冶王としてのその身分を表すと共に、自らの王としての矜持と呪力の持続のため、絶えず身に付けていたのであろう。

この呪力は自らにも又他の者に対しても示すものだったかも知れない。

このヘッドバンド痕のある人骨は、福岡県や鹿児島県でも発見されたと言う。

頭に飾を付けることは、遠い昔から行われていたらしい。
そして、この風俗は民間伝承説話としてずーっと後世まで続くことになった。

この頭に箍(タガ)をはめて締め付けることから、この後千数百年経っての物語西遊記に、聖天大帝孫悟空の話があることが連想される。

孫悟空はお釈迦様との約束を破って暴れると、お釈迦様から頭のタガを締め付けられて観念するのだが、弥生時代には、お釈迦様の代りに銅の神様がその役目を担当したのだろう。(閑話休題)

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。