趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

私とクラッシック音楽

この数年、音楽とは殆ど無縁の生活をしてきたが、何故かこの年末になって高校時代に唯一選択することを許された音楽の時間を思い出した。 その音楽を選択をするとき一つしか選べないので美術にするか迷ったが、美術には触れる機会がなかったが、音楽はラジオでクラッシックの曲を題名も分からず聴いたりしていたので音楽を選択した。 楽器の演奏などないので実技はもっぱら声を出して歌うことであった。

私は聴くことは大好きだが、歌うことはどちらかと云えば苦手である。声はよくないしリズムもとれない、自分の下手さ加減が分かっているだけに、カラオケなど積極的に歌うことはない。 

その音楽の時間は男の先生で、ピアノ伴奏による歌の練習とレコードによる音楽鑑賞の2本立てが毎回の授業の内容でした。

そして、実技の試験は一人づつ歌わされた。楽典の筆記試験はほぼ満点だったと記憶しているが歌う方は自身がなかった。

 それでも歌は好きなので、今でも当時一人で歌わされた曲の歌詞(原語でないが)は覚えている。ソルベーグの歌とシューベルトのアヴェマリアと、そして冬の旅からの”春の夢”である。 この3曲、私の一番好きな歌となっています。

これらの曲のCDは持ってはいるが、インターネットで探して見たYouTubeで何曲も見つかった。 ソルベーグもアヴェマリアもあったが、春の夢は数多く聴いた。

下記はそのうちお気に入りのものです。

★シューベルトの歌曲集、冬の旅から”春の夢”ギター伴奏による演奏が最高

http://bit.ly/hdivPI    (URLは短縮しました)


★同じ 春の夢であるが、ピアノ伴奏と女性歌手によるもの

http://bit.ly/hoJDg3


そして20台の頃少し齧ったクラシックギターの曲をインターネットでさがして、アナ・ヴイドヴイッチ(Ana Vidocic)というクロアチアの女性ギタリストが凄い美貌で卓越した演奏をすることを知りました。

カテゴリ:エンタメ・ホビー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。