趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

名歌

過日、「百万本のバラ」をご紹介しました。

 あれは外国作品を加藤登紀子さんが訳詩したものです。

 今日は日本のそれも一寸古いですが、

 明治時代の名歌をご紹介します。

 実は以前、私の外部ブログで紹介したものですが、

 元旦のひと時、本棚の中から再び手にしました。

 私自身、学生の頃、よく口ずさんでいました。

  
島崎藤村 「若菜集」より、「初恋」の一節です。

    
   まだあげ初めし前髪の  林檎のもとに見えしとき

   前にさしたる花櫛の   花ある君と思ひけり

    
   やさしく白き手をのべて  林檎をわれにあたへしは

   薄紅の秋の実に  人こひ初めしはじめなり

    
   わがこゝろなきためいきの  その髪の毛にかゝるとき

   たのしき恋の盃を  君が情に酌みしかな

    
   林檎畑の樹の下に  おのづからなる細道は

   誰が踏みそめしかたみぞと  問ひたまうこそこひしけれ

 
 声に出して読んでみてください。

 七五調の、なんとも言えない響きです。

 現代の文章が忘れている、日本語の美しい調べです。

 たまにはこういう名歌を、口ずさんでみてはいかがでしょう。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。