趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

呑兵衛爺の暮れ暮れ草(13) 一富士 二鷹 三茄子

皆さんはすでに初夢をご覧になりましたか。Wikipedia によると室町時代ごろから、良い夢を見るには、七福神の乗った宝船の絵に「ながきよのとをのねぶりのみなめざめなみのりぶねのおとのよきかな(長き夜の遠の眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな)」という回文の歌を書いたものを枕の下に入れて眠ると良いとされている。これでも悪い夢を見た時は、翌朝、宝船の絵を川に流して縁起直しをする。江戸時代後期には「2日から3日」が主流となったが、明治の改暦後は、「元日から2日」とする人が多くなった。
初夢に見ると縁起が良いものを表すことわざに「一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)」があります。
これは江戸時代初期にはすでにあり、それぞれの起源は次のような諸説がある。

徳川家縁の地である駿河国での高いものの順。富士山、愛鷹山、初物のなすの値段

富士は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、なすは事を「成す」

富士は「無事」、鷹は「高い」、なすは事を「成す」という掛け言葉

などの言い伝えが在る。
私も初夢を見ましたが、どんな内容であったかもうはっきりと思い出せません。

初夢を話しゐる間に忘れけり   星野立子

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。