趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

江〜姫たちの戦国(1)

久々に大河ドラマを観ることにした。

この前観てたのは、「秀吉」(竹中直人主演)だったから、

ほんとうに、しばらくぶりである。


江 の名の由来が「近江」の江だとはじめて知った。

こういう細かい情報も、本人にスポットがあたらないと、

でてこないので、男目線のストーリより興味深い。


戦国時代を女性目線で見たものは、

これまでも幾つかあったが、

ヒロインを演ずる女優がやはりポイントになる。


上野樹里は「スウィングカールズ」「のだめカンタービレ」

でのおちゃらけイメージで定着してしまったが、

強い女をどう演ずるのか、非常に興味のあるところだ。


第一話の見所は、

江 を堕胎しようとした 市 に向かって、

まだ幼い 茶々 が 初 に刃を向けて

「お腹のややを殺すなら、初 を殺して私も死にまする」

と迫るシーンだ。


茶々 を演ずる芦田愛菜はバラエティで観てて、

子役を絵に描いたようで、ちょっといけすかなかったが、

おじさんは、泣いてしまったぞ、ほんとに。


茶々は後の 淀 だから、江 とは豊臣と徳川に別れて

戦うことになる。運命の皮肉は既に始まっているのだ。

カテゴリ:エンタメ・ホビー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。