趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ピアノの本3

さり気なく 言ってくれるね ギア達は
 ケルンコンサート ベートーヴェンとか 

★『ピアノの本1992.3〜95.5のうち10冊』(草思社)を読みました。

《音楽として聴くのはブルースが多いね。でも勿論ピアノ曲も大好きで、キ−ス・ジャレットの『ケルン・コンサート』なんかは自分でもよく弾く(リチャード・ギア)》
※凄い! ≪ケルン…≫の楽譜買いましたが、まだ歯が立ちません。

《ネータ・ガヴリーロヴァ…アンドレイ・ガヴリーロフのお母様》
※以前、似たような思いをブーニンの家系で抱いたように思いますが、ロシアでは、姓も女性語尾になるのでしょうか?

《日本映画も大好きです。溝口健二の『雨月物語』や『山椒太夫』、それから小津安二郎の『東京物語』。まるでバッハのようだと思います。表面的には殆ど何も起こらないのに、最大の感情が集約されているのです(ルイサダ)》

《日本の文化や芸術を考える前に、何よりも先ず、この政治の腐敗を何とかして欲しい。…国の基盤がしっかりしていない以上、文化が豊かになったりしないと思います(津田真理)》
※思えば、その頃もだったのですね。最近の官は、「消費税増税に政治生命をかける」なんて言い出しましたね。僕は文化立国を望んでいます。消費税増税は、貧しい人のエンゲル係数をより大きく上げ、その分、文化から遠ざけるので、大反対!

《アフリカ大陸の大部分では古来、文字がなかった。…地域によっては様々な異民族との交易が盛んだった。文字を持つ民族との付き合いも当然あったのだ。それにも関わらず、僅かな例外を除いて文字が遣われなかったのは、彼らがそれを選択しなかった、つまりは必要としなかった事に由来していると考えざるを得ない(成沢玲子)》
※靴を履く習慣がなかった民族にとっての靴に於てをや。

《気が付くと、よく弾いているのはシューベルトやベートーヴェンのピアノ曲が多いね(アンソニー・ホプキンス)》

《アラブやアフリカの各地では、管楽器を吹くときには殆ど還流式呼吸法を用いる。鼻から息を吸っている間も、口から出す息をとぎらせずに吹き続けるというハイ・テクニックである(成沢)
※僕が本を書く時お世話になった新潟大の埜上定先生も、「正しい発声への道しるべ」として循環呼吸を重視し、ビデオまで送って下さいました。まだ出来ませんが。

《僕は不純な動機なんだろうけれど、現代音楽に感動する為とかじゃなくて、「こんなことありなの?」って驚くような事が一杯起こるのを同時体験したい、っていう気持ちで通っていたな(小室等)》
※僕も同じです。

《非クラシックの場合、何らかの尺度の中でも上手いか下手かは問題ではなく、それより音楽表現としての意味が問われるだけである。…クラシックでは、上手い下手ばかり、少々口うるさすぎるような気さえします(若尾裕)》

《奥尻島・稲穂小学校の校舎は地震で全壊し、ピアノも津波で使用不能に。それを知ったブーニンは、地震直後の8月に来日した際、同小学校にヤマハグランドピアノをプレゼントしました》
※ありがとうございました!

《Q:「今回、コンサートの出演用の一部を阪神大震災で犠牲になった方々に寄付したりとか、何でも「分かち合おう」となさるのですね」。ダン・タイ・ソン:「それは、相手が私を必要とするなら、です。日本では学生はとても礼儀正しく、謙虚で、先生のいうことをよく聞こうとします。だからかこちらも力になってあげたい」》

《ボロディノの戦いというのは、1812年…のモスクワ河畔に於けるナポレオン軍との戦いの事である…この事実をロシア側から音楽にしたのが…≪1812年≫であり…トルストイの『戦争と平和』であった(千蔵八郎)》

〜〜〜〜〜〜本日のジョグデータ〜〜〜〜〜〜
※また休み〜

※クリスタル・サイエンス/チック・コリア&ゲイリー・バートン、を聞きつつ

カテゴリ:エンタメ・ホビー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。