趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

千家和也の作詞の本

書いてまた 書いて書いて 書き尽くし
 それでも書くと 我に逢えると

これからしばらくは、文学・小説の積読解消に努めます。

★『千家和也の作詞の本』(千家/二見書房)を読みました。

《諸々の理由から、作詞だけに没頭できないし、自分の全てをかけられないが、かといって情熱も捨てきれない。そんな方は(売り込みに)作曲家を狙うべきだ》

《もう書き尽くした、書く事がない、という状態…そこから出発するのです。今までのただ漠然と言葉を並べて、歌らしきものを書いていたのとは違う、何かが出てくるはずです。自分のもの、自分にしか書けないもの、そういう作品を作るためには、先ず書き狂うほど書かなければならない》

《一つの詞を書けば、それに対するアンサー・ソングというか正反対に位置する詞はすぐ書けるような気がしますし、実際すぐにできるものなんです》

《曲に関しては4小節(?)以上、音の動きが同じ場合は盗作とされているようですが》

《作詞に王道はない、作詞家への方法論もまたない。あるのは、そう書いた、そうなったという運命的結果だけだ。結果だけが、全てを物語るという事実は、日々これ、ヒットするもの、売れるものと、自分と別個のところで、自分本人が、歌を書いているのと、全く酷似している》

〜〜〜〜〜〜13日のジョグデータ〜〜〜〜〜〜
28分53秒/八国山麓5km/BMI:24.2/bpm:148/
靴:ザンザス(★★★★)
※ホウノキの葉は残った、状態ですね。コナラの葉も。萎れ、枯れ、縮れた状態で残っています。何故、落ちないのでしょう? 枯葉を保って地面の日当たりを悪くし、他の植物が育つのを阻止するのが、彼らの戦略のようです。戦略といえば、よこくめ君が、民主党の総会で「首相、しっかりして下さい…」なんて言っていましたね。しかしそんなのはごまめの歯軋り。しっかりするのは、よこくめ君自身。昨春、しっかり目を見開いて、状況をよく把握しろってメールしたんですが、今頃官の無能に気付くなんて、鈍いですねぇ。かく情けない官直人ですが、もう1人の直人;タイガーマスクのプレゼント連鎖の温かさ。素晴らしい。ただ、初代の彼が大活躍していた時、僕は多忙で、テレビを持たない生活していて、リアルタイムでは見れなかったのが、とても残念です。

※ピュア・イマジネーション/ボブ・ジェームス、を聞きつつ

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。