趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

崇高な人生を、君は貶す資格があるのか! 政治家よ、賤しい自らに気付け!

与謝野馨さんがNHKのインタビューで答えていた。

「私達の世代の国の借金を次世代に回してはいけない。
日本の将来の子どもたちのために、長くもない自分の生涯で、
力を出し尽くして、出来る限り国の借金を減らし、社会福祉を充実することに尽くしたい!
あえて誹旁や謗りを受けても、私は社会保障問題、年金問題、税制面で自分の持てる専門知識など、培ってきたノウハウをフルに生かし、国のために使いきって、あの世に旅立ちたい!」と。

凡そ、このような主旨の答えだ。そして

「スエーデンだったか、社会保障と年金問題を、与野党が一致協力して解決に当たった。わが国でも出来る筈!」とも。

900兆円に近い国の借金を減らしていく困難は、なまじっかな対策で出来ることではない。何せ、世界一の、それもずば抜けた額の借金王国なのだ。

与謝野さん、マスコミも決して好意的な論調ではないし、孤立無援にならねば良いがと、貴方の体力が心配される。

野党の国会議員よ、真剣に国の将来を思い、国民生活を大事と思うなら、党利党略の賤しい自己主張は即捨て、前向きに国会での論議を進めよ!

与党の中にも派閥の中で、猛批判しているけったいな人種がいる。われわれ国民はどうして、そのような惨めであさましい政治家に税金を払わねばならぬのだ。

選挙は政治家の、誠実で前向きな姿勢でこそ評価されるべきで、駆け引きのための政争の具に、崇高な人生観を持ち、あえて、高齢と犯されている自らの癌とも戦っている、この大臣を生贄にしてはならぬ!

国民みんなで声援を送ろう! 誠実な政治家を見殺しにしてはならぬ!

マスコミも、高見の見物よろしく批判や批評に明け暮れる島国根性を見直して、共に、国の将来を考えて欲しい!

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。