趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

物部(尾輿と守屋)

物部の本流は 目ー荒山ー尾輿ー守屋 と続き、守屋で蘇我に破れ滅亡する。

ところで、例によって「尾輿」を朝鮮語で読むと、
「尾」は「コリ」(イシコリドメの凝と同じ)で銅(クリ)と語根を同じくする鍛冶古語であり、
「輿」は「カマ」=釜、竈であり、
そして、妻の一人は弓削連の祖、倭古連の女「加波流姫」で、
この「カハル」は刀、剣、包丁のことであり、
「カハル」の例として産銅地の香春採銅所、香春神社などがあるが、鋳銅神「香春神」に奉仕する鍛冶氏族の巫女と言うことになる。
つまり、「尾輿」は兵器生産に携わる物部を率いる王の姿を表し、且つ物部氏を”興し”た人物を表している。

物部弓削守屋大連、守屋は「モリヤ」または「モルヤ」と言う。これも、
「モル」は没を意味し、
「ヤ」は没落「モルラク」→「モルヤク」→「モルヤ」となったもので、これを表音表記したものと言うことになる。

従って、尾輿も守屋も固有名詞としての名前ではなく、普通名詞で表したことになる。

そして、物部は没落したと言っても、傍流は生き残っており、壬申の乱の際天武側で功績を挙げた舎人の物部雄君が居り、また大友皇子の舎人であった物部連麻呂が赦されてのちに左大臣
まで栄達した。

書紀編纂に関わった石上朝臣麻呂、藤原物部不比等が己の真相を隠す為、系図を捏造したのではないか。
それは物部も、藤原もその正体を記紀に載せておらず(載せることが出来なかった)、天孫本紀のみ物部を伝えて、果たしてその通りであるかどうかの真実の追究が出来ないのである。

以上で物部は一応終りとする。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。