趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

今月の水泳と昔の日記 #192

今月は正月休みとスキー行があり今月は全部休まずプールに出かけても、14日間しかない(27日からスキーにでかけるので)、
一日休んだので13日であります。

今日、今月の水泳距離がやっと35Kmになりました。
内訳は4Km×2日 3Km×5日 2Km×6日 でした。

53歳の時、医師から継続した運動を健康のため薦められ毎日、泳ぎはじめて20年経ちました。

「30分一本勝負で300日を達成」という15年前の古い日記を見つけました。

 今年も泳いだ日が今日、12月19日で300日になりました。 3年連続で300日を超えましたが今年は特に大震災(1995-1-17)の後、少し歯車が狂った感じで無理かなと思っていましたので、やれやれと云う気持ちであります。

 300日というのも特別に目標を設定したわけでなく、月25日泳ぐと300日になるのですが、原則として毎日泳ぐことにしておかないと300日は難しい。  そこで朝、出勤前に泳ぐとか昼休みにスケジュールするとか日帰り登山の帰りにも泳ぐとか酒を呑む日も控え目にして泳ぐとかそれなりの努力はしています。

 泳ぎ方は30分一本勝負とでも云いましょうか、プールに入りスタートしたらクロールで30分間は絶対にプールの底に足を着くことなく連続して泳ぐことにしています。
ゆっくり泳ぐことを基本に、調子が良ければスピードアップし決して無理はしません。 絶えず呼吸が乱れないように気をつけています。

 30分で泳ぐ距離は1.5〜6Km位ですが、私の場合距離は数えていません。25メートルプールでは30往復以上ですが、それを数えるのが面倒なのと数えなくて淡々と泳ぐ方が無我の境地と云えば大げさですがそんな気持ちになることができるからなのです。

 何故泳ぐのか。 ひとことで云えば気持ちが良いからということになんります。   お風呂に入っている気持ち良さとは少し違いますが身体を動かす爽快感と水のなかで心が落ちつくのです。 水の中で心が落ちつくという感じは僅かな時間ですが潜水中、もぐって苦しくない程度に身体を動かしている時に強く感じます。 
胎児の時に母親の羊水のなかでの経験を身体が覚えていてその郷愁だというのをどこかで読んだような気がします。 

 どうして水泳始めたのか。 高血圧症、冠動脈循環不全などの病気で軽い運動をした方が良いと思い、何か継続してできる運動をしたいとフイットネスクラブにはいったのですが、私は無類の汗かきで運動しているときは良いが後、汗臭い衣服の始末が嫌いで水泳は汗をかかないし、水着・帽子・水中眼鏡だけのかさが小さく軽い道具で良いのが最大の魅力でした。 かさばつて重い運動用の靴を持ってこなくてもでき、水泳の道具は服のポケツトにはいるくらいの大きさであります。

 なぜ毎日泳ぎ始めたか。 月に何回泳いでも月謝は同じだからです。会費だけ払って月に数回しか行かない人もいるようですが、もったいない、無駄遣いだと思うのです。毎日泳げる健康状態をつくっておくことが即健康につながる。

というのが その日記をまだインターネットではなく、RBBSというアマチュア無線のWEB上の掲示板に掲載していた記事でした。

カテゴリ:美健・フィットネス

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。