趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

菅首相の立場変われば変わるものですが

建設的な国会審議をだって、
御自分達が野党の時どうだったですか。
全く対案を提案することなしに
唯反対、反対ではなかったですか。

全く立案する力がなかったのでは。
今度の予算案の子供手当でも
全く官公庁の役人の考えたものではないですか。
子供手当が通過しなかったら減額となって、
中学生には手当が出ないって、

そして財源としては配偶者控除や、
扶養家族手当廃止の増税で一部補うって、
だから子どの手当関連の法案が通過しなければ、
増税だけが残るって。

こんな法案今まで聞いたことのお目にかかったこともないよ。
自民党も公明党の戦う姿勢を見せてはいるが、
果たして国民を味方につけて何処まで
攻め込むことが出来るか。建設的国会は無理でしょうね。

何が審議ですか。自分達のことは総て棚上げにして
国民生活は全く頭に無く、
自分達の既得権を如何に維持するかに
頭を使っているだけではないですか。

国民増税の前にやることが一杯あるでしょ。
国民が望んだマニフェストは反故にして、
?ガソリン税撤廃
?高速道路無料化
?永田町、霞が関の埋蔵金による赤字国債減額
?仕分け作業でどれだけ歳出が抑えたの
?議員定数の削減はどうなったの
?公共事業の減額はどうなったの
?企業献金は再開したの
?地方分権を確立して小さな政府作りが進んでいるの

消費税増税ばかりが先行して。
煙草の値上がりを初め、
間接税は知らない間にどんどんと値上げをして
、国民を馬鹿にして。どうなっているの。
マニフェストを変更したら国民に信を取らなければ。
財政策(社会保障と税制対策)が最重要だと言って
どれだけ船頭を作ったの。

仙谷前官房長官を最高責任者として、
野田財務相、枝野官房長官、藤井副官房長官、
与謝野経済相、玄葉政策担当相と顔を揃えて、
船が山に登らなければ良いのですが。

今日から質問が始まるが、
果たして与謝野経済相の問責決議案は提出するの。
菅首相の任命責任は→内閣不信任案まで到達できるのかな。

小沢元幹事長の政治と金の決着は。
さてさて問題山積の国会の行方は。

愛知県のトリプル選挙に行方は。
特に名古屋市長選の
石田候補(民主党、自民党相乗り)対河村候補の一騎打ちは。
これで石田候補が敗退したら問題でしょうね。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。