趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

コップとカップの違い?

収集趣味人は眼にすれば買っちゃう悪癖を持っている。
本日は其の一つである。カップ!

勝手な推理をさせて貰えば・・・・・
本来は液体を飲む為の器だったと思う。
これらはカップとは言わずコップと言うらしい。

私が収集した物は、以前紹介させて頂きました。
http://blogs.yahoo.co.jp/kodaiiseki2000/58005084.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/kodaiiseki2000/59152393.html

此の中にはコップともカップとも言える物が在る。
私はターバン・カップ(英国のパブで昔出されていたエールを呑む為のコップ)を集めていたのだが、此の中にゴルフなどの優勝記念の銘を刻んだコップがある。

これまた勝手な推理だが、優勝してお祝いに此のコップで勝利の美酒であるエールを呑んで貰いたい!と言うのがカップの原初の姿の様な気がしてならない。

優勝記念として銀が使われ、報奨と栄誉を授けると言う意味も在り、本来のコップが豪華に立派になり、カツプの形が出来たに違いない!と考えている。

勝利者が優勝カップに、シャンパンなどを満たし飲む姿をたまに見かけますね。
此れは本来がコップであった事を示している、良い例である。

其処で私の収集した最大、最小のコップ?カップ?を御覧下さい。
真ん中の陶器のマグカップはで、大きさが判ると思います。
今、気が付いたのだが、カップといわれる物は取っ手が付いていますね。
カップが大きくなると両側に立派な取っ手が付いていますね。
しかし此の大きさになると、カップともコップとも両方、言えませんね。

(三枚目の写真)
中の大きさが昔、使われていたピューターのターバンカップと言われる物である。一番一般的なエールを呑むカップだ。
<取っ手が付いている>
一パインとのエール(英国のビールと思ってください)が入るようです。

本来はエールを呑む器はピュターで作られていた。
優勝カップは本来、銀製が正統派のようですね。

現代はコップもカップの区別が無いようだけど・・・・・
取っ手が付いている物が、カップと考えてもよさそうですね。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。