趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

原点に戻る

明日は、家内の四十九日の法要だ。
今夜にも、息子夫婦と孫たちもやって来る。

お位牌。

ピンクのバラ。
苺のタルト。
クリームパン。
柿とメロン。
家内の郷里新潟のお菓子。

準備はすべて出来た。

「パパ、ありがとう」
という家内の声が聞こえるような気がする。

亡くなってから、
家内が残していったものを見るたびに、
家内の話が出るたびに、
涙がこぼれたが、
ここ数日は、それも減ってきた。

残された時間を、
自身が、二十代の頃描いた原点に戻って熟慮し、
使おうと思えるようにもなってきた。

親身になって駆けつけてくれた友人や、
趣味人倶楽部の皆さんのお陰だ。

家内は、私の夢の実現のために、
44年もの間、とことん尽くしてくれたのだから、
私は、それに応えなければならない。

衰えつつある体力、
萎えそうになることの多い気力を鍛えて、
家内が遺した願いを実現するのが、
私のやるべきことだ。

少しだけ、これから先が見えてきました。



「愛する人を亡くした人のための100の言葉」

見つめ合い



涙が枯れた後には、
その人のことを静かに思ってください。

思慮分別を持ち込まずに、
何がいけなかったと判断をせずに、
そして、その人の顔と姿だけを思い浮かべてみてください。

そのとき、何も言葉をかけないで、
その人を見つめてください。

その人は静かに見つめ返してくれるでしょう。
沈黙の内にその人の存在を感じてください。

そのとき、
言葉によらず、その人の思いはあなたに伝わるはずです。


http://www.asahi-net.or.jp/~KX5N-KGYM/frame.htm
      

      ↑
このサイトから引用しました。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。