趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

鬱病から復帰まじか!

私が退職したあと、鬱を発症した前の会社の友人が居ます。

今年で2年になるので、久し振りにメールしてみました。

   「そろそろ復帰はどう?」

返信がすぐに来たので、PCの前には居るようだ。

元気そうだが月に一度の産業医との面談が重荷らしい。

前回の面談では、最近の経過も良い事から良い返事があったとか。

   「次回、体調が良ければ仮出社にしましょうか?」

その言葉で救われたか?と思ったら、反対の様子。

仮にも出社すると言う事は、元の上司に会うと言う事が心配なのだ。

もともと、その上司とは織り合いが悪く、発症の原因にもあたる。

サラリーマンは上司を選べないのが不運だ。


それにしても、自宅静養で1年半。

長い人は今年で4年になるが、いまだにロッカーにすら入れない。

7年でやっと復帰できた友人も、仕事はしているが100%では無い。

一日家に居るだけで飽きてしまう私には、何年間もはあり得ない。

本人の辛さよりも、家族の心配がしたくなる。


冒頭の友人宅も、共働きの奥様と、大学に通う娘さんが居られる。

家族にとって、いい歳をした主人が『ひきこもり』では辛い。

いっそ、外に出て美術館や映画館めぐりをしたら?と聞いてみた。

返事はしごく真面目な返事が返って来た。

   「自宅静養中なので外に出られない・・・。」

どこまで“生真面目”なんだろう。

だから病気になるんだなあ・・・と、思う。

出社して、復帰できた際には帰りに寄って『お祝い』を伝えよう。

それとなくプレッシャーにならないように・・・。

カテゴリ:美健・フィットネス

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。