趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

クリント・イーストウッド

彼は私の中では10指に入る映画人だ。

今のハリウッドにおいて最高の評価を得ている人だろう。

恐らくアメリカを代表する人物といっても過言ではない。

TVドラマ「ローハイド」でのロディが懐かしい。

セルジオ・レオーネ監督に見出されてイタリアに渡り、

「荒野の用心棒」「夕日のガンマン」で大ブレイクした。

そのヨーロッパでの成功をバックにアメリカへ戻り、

ドン・シーゲル監督と組んで

「マンハッタン無宿」「ダーティーハリー」を世に出した。

ご存知のとおり「ダーティーハリー」はシリーズ化され、

彼の人気を不動のものにした。

私はハリー・キャラハン刑事の強烈なインパクトが今でも鮮明で忘れられない。

セルジオ・レオーネとドン・シーゲルの二人の監督に捧げると、

彼が公言している「許されざる者」(1992年)で

アカデミー賞(監督・作品賞)を受賞した。

彼にとってこの受賞はさぞかし感慨深いものがあっただろう。

そして「ミリオンダラー・ベイビー」(2004年)で

再びアカデミー賞(監督・作品賞)を受賞。

ハリウッドで名監督としての評価を揺るぎないものにした。

「マディソン郡の橋」では(文芸もの)にも非凡な手腕を見せ、

弱いといわれた女性のファン層を増やした。

また、ティム・ロビンス(2003年「ミスティック・リバー」)

モーガン・フリーマン(2004年「ミリオンダラーベイビー」)と

2年連続、メガホンをとった作品からアカデミー助演男優賞俳優を輩出し、

ハリウッドスター憧れの監督NO.1となった。

ちなみに、この二人は私の大好きな映画「ショーシャンクの空に」で共演している。

作曲家としても才能豊かで「ミスティック・リバー」「ミリオンダラーベイビー」

「父親たちの星条旗」の音楽担当として名を連ねている。

政治活動にも熱心で自ら市長(カーメル1986〜1988年)にもなった。

そして「ミスティック・リバー」主演俳優ショーン・ペンのバグダッド行きを、

説得して止めさせたことは全米を驚かせた。

忍耐・才能・信念・行動力の全てを兼ね備えた、まさしく大巨匠に違いない。

CLINT EASTWOOD NICE GUY!

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。