趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

1日500のアクセス ?

なぜなのか、1日500のアクセスがあった。
Yahooのブログ・「『憂楽帳』はプロの文章か」である。

内容は、趣味人倶楽部の「コンナ文章デモ、ぷろデアルカ」とまったく同じだが、こちらはアクセスが9である。
タイトルを変えたためであろうか。

わたしの文章はあまり読まれないのがふつうである。
その理由は、「序論・内容・(序論に一致する)結論」の組み立てを考えた文章なので理屈っぽくとられるからと思われる。

余談だが、欧米人は、がいして理屈っぽい。
酒を飲むパーティなどでも意見をかさねあう。反対意見に反対意見をかさねていく ― よりよいアイディア、新たなアイディアを構築するために。
近年放映されたハーヴァード大学の授業などはその典型である。
この意見の交換のあり方は、弁証法、つまりソクラテスの対話(問答法)にもとづいている。
さらにことにアメリカでは、プラグマティズム(pragmatism:実用主義)の思想がある。
つまり、実用性のあるものを追及する考えである。

これにかんして、日本人は情緒的であり、文章も情にうったえる内容が好まれる。
その日本人相手のわたしのブログにアクセスが多いのは不可解である。
想像する。

最初には、ブログの内容に引きつけられたのではなく、M新聞の『憂楽帳』を探していてたまたまわたしの「『憂楽帳』はプロの文章か」ブログにヒットしてしまったと考えられる。

2番目には、「モノの捨て方:「ご不幸も」捨てるべし」か「黄色い小鳥:a little yellow bird」などの以前の文章に興味をもったのか。
それにしてはここ2,3日の間にアクセスが急増したのは不思議ではある。

いずれにせよ、なにか狐につままれたようである。

Yahoo ブログは http://blogs.yahoo.co.jp/korehano/MYBLOG/yblog.html

カテゴリ:語学・国際交流・社会貢献

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。