趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

浅井長政

本年の大河ドラマの主人公は織田信長の妹で浅井長政に嫁した「お市」の三女の「お江」(江与・小督・崇源院)であるが、「お江」については大奥御台所であったにも拘らず、残されている資料は殆ど無く、実態は謎のままであった。
これは竹千代(家光)の乳母春日局(お福)との長男竹千代・次男国松(忠長)を巡る秀忠の後継者選びの確執から、大御所家康の裁定で長男の家光に決まったものの、家光は乳母であった春日局を全面的に信用し、母親の「お江」は国松贔屓だとする乳母お福に洗脳されたのか、家光は母親と弟に対する偏見があった如くで、「お江」に関する資料は残しにくい状況にあったためとも思われる。
「お江」は兄弟分け隔て無く愛情を注いだのだろうが、お福の存在が国松をして余計な敵愾心を持たせることになったのかも知れない。

ところで、この日記の本題は、浅井長政であるが、近頃「浅井」を「アザイ」と濁って書かれ話されているが、これは「アサイ」と濁りなく読むのが正しいのではないだろうか。
それは近江の国には浅井郡があって「アサイ」と読まれ、浅井氏の本願地であったからである。
何時頃からか、某高名の大先生が「アザイ」としたことから、弟子以下マスコミもそれに倣って「アザイ」が正しい読み方として定着してしまったのであろう。

姓名の読み方については、特に決まりがあるわけでもないので、これはこれでよいのかも知れない。

世の中には兄弟でありながら、自分の姓を違った読み方をすると言う実例も聞いた。

有名な土佐の山内家も歴史上では「ヤマノウチ」であるが、今も続いているご子孫は「ヤマウチ」と仰っている。

熊谷も「クマガヤ」「クマガイ」「クマタニ」と家によって各様に称している。

小も「オ」と読まれたり「コ」と言ったりするが、小山さんは両様に読まれても、小川さんや小野さんは「コ」とは言わないようだ。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。