趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

廃品回収のお母さん達

昨日は地区の育成会主宰の廃品回収でした。

その日は前の職場の方方との一泊旅行で夫は不在でした。

前の晩にわたしは、十二時前に床に着いたのですが眠れず、

眠りに入ったのは午前二時でした。起床したのは、午前七時

半・・・「兎に角、朝食を手短に、そしてお宮に新聞やダンボ

ールを持っていかなければ!」寝起きのボーとした頭にこんな

想いが横切りました。

午前九時からの廃品回収の回覧の知らせ・・・私は、八時十分

に新聞を滑車に載せて、裏の集積場のお宮に向かいました。裏

口に出しておけば、回収をしてくださるのですが、前回出し忘

れて凄い量になっていたのです。

持って行けるものは持って行こうと想ったのです。

四回目の時です。私の出した新聞の辺りで二人の育成会のお母

さんが、立ち話をしていました。

新聞を乗せて着いた私はコロコロコロ・・・「おはようござい

ます!と声をかけました。

「あぁ、おはようございます!」

と返すや、びっくりなされた様な顔をなさり、慌ててそのお母

さん達は、一メートル半はある石垣の上の境内から、飛び降り

ると「済みません、有難うございます」と言いながら会釈をな

さり、新聞を持ちあげて下さったのです。

その行動に私は、爽やかな風が私の体の奥まで吹き渡ってくれ

た様な感覚に捉われました。と同時にまだまだこんな方々もあ

られるのだと、嬉しくなり温かいものが込み上げて心身に満満

て行きました。


昨今、若い方の道徳心の無さ、自己本位、子供や高齢者への虐

待と、見聞きし心を痛めていましたが、「日本もすてたもので

はない!」・・・明るい将来を観たような気がしました。

若い方方に託したいものです。


御正月過ぎから食料品の宅配と一緒に届けてくれる、選べない

のですが、菊の花花をアップします。たくさんの種があります

ね。



短歌「サイレン」更新しました。

宜しかったら、お立ち寄りください。


雪と結晶のプロフの創作者プロフイールページを押してくださ

れば、行きます。

カテゴリ:アート・文化

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。