趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

パロディ志願

言うよねえ ユーモアとパロディ 表裏とは
 井上ひさしの レトリック妙

★『パロディ志願』(井上ひさし/中公文庫)を読みました。
※エッセー集です。

《パロディ…の正体…「大なるものを小なるものにおとしめる」(ジャン・パウル)。…ユーモアはこれに反し「小さなものを偉大なものと比肩させる」(パウル)》

《ユーモアとパロディがひとつの楯の表と裏であるという証明は至極平明、とても簡単である。…例えば伝説のベールに覆われた大将軍を私のような小なる臆病者の所まで引き降ろしてお笑い草にすれば(ここまでがパロディ)、その事によって私は大将軍と肩をならべる事になる…(これがユーモアだ)》

《物価が2倍になると人間の道徳は2分の1になる(蒋介石)》

《NHKでは古典落語が放送できなくなりつつあるようである。「ええ、毎度、馬鹿馬鹿しいお笑いを」という冒頭の切り口上が既に馬鹿な人たちに悪いというので敬遠されているからである。その他、「与太郎」「奉公人」「めくら」「あんま」「おし」などの言葉も差別用語だからいけないらしい》

《千二百人の聖人の抄伝の中で一番記憶に残ったのは、グレゴリオ聖歌の制定者の教皇グレゴリウス1世の一生だった。「ある王国の王位継承者の兄と妹が交わってその罪の子として呱呱の声をあげた哀れな存在。それが成人して、知らずに実母の夫となる。やがて全てがあらわれ、彼は海辺の岩の上で17年間、懺悔の生活を送る。そこを神に見出され、最高のキリスト者、地上における神の代理人即ち教皇となり、死後列聖される」》
※グレゴリオ聖歌全集、なんてCDを持っていますが、グレゴリオにそんなエピソードがあったとは!

〜〜〜〜〜〜本日のジョグデータ〜〜〜〜〜〜
本日も舞鶴ジャスミ〜ン。ところで、愛知・名古屋、凄いですねぇ。トリプル選挙は、トリプルスコアで大勝利。そして、知事の弁や良し。《県民税と名古屋の市民税10%減税で約600億円の減税になるが、2000億円の経済押し上げ効果がある。大胆な規制緩和を併せて実施すれば、人や企業がこの地域に集まる。県民税減税は景気回復のための一番のポイントだ。その経済効果を、地域再生や都市再生、医療、健康福祉の分野に集中投資していく。減税の財源は、資産査定や事業仕分け、職員の人件費削減と行財政改革を徹底し、税収を上げる努力、産業振興の努力をすることに尽きる》。大村さん、河村さんと、むらむらしながら頑張ってちょうよ。注目しとるでね〜。

※arbour zena/キース・ジャレット(ピアノ)他、を聞きつつ

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。