趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集』漫談(158話)…満目、今朝は見渡す限りの、雪です!

(158) 筑波嶺に 雪かも降らる いなをかも
     愛しき子ろが 布(にの)乾さるかも
       巻14・3351 常陸(ひたち・茨城県)国の東歌
大意・ おや、筑波のお山に雪が降ったのかな?いやいや、私の愛しいあの娘が、真っ白の布をひろげ乾したのかな?

解説・ 今朝は私の住む埼玉県も、雪です。今季初めて味わう銀世界です。朝、雨戸を繰って思わず開けた真っ白の世界を前に、ふと浮かんだのが『万葉集』のこの歌でした。
多分、筑波山の麓に住むこの地方の人々の間で歌い継がれてきた民謡なのでしょう。思わず、にんまりとする、心の温まる歌です。布も「にの」と方言のままに歌いました。

(158’) 富士の嶺の いや遠長き 山道(やまぢ)も
       妹がりとへば 日(け)に及(よ)ばず来ぬ
       巻14・3356 駿河(するが・静岡)国の東歌
大意・ 富士のお山のはてもなく遠い道のりも、愛しい私の娘の許に通うとあれば何のその。一日のうちに着くことができたぞ。

解説・ 恋人を訪ねるときの、胸のときめき。それは古代人も全く同じでした(笑)。 
 「日に及ばず」は日数をかけずにという意味です。

 歌人の岡野弘彦氏が、釈超空(折口信夫)に師事して最初に言われたのが、短歌を学ぶのなら『万葉集』の東歌をまず全部暗記せよと、云われた由。
 人情の機微を大胆に映し、言語を飾らず素朴な表現をみせる東歌の数々を思い、歌の原点を教えようとした大歌人の教えを、むべなるかなと私も時折思うこの頃です。

 雪は今日一日降り続くのでしょうか…。外には、綿雪がなお降りしきっています。遠く北国の雪に覆われた皆様の生活を思います。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。