趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

フィルムスキャン

起きてしまった。
今の時期、早く起きると暖房費がかさむので嫌だが、この時間いつも猫に起こされる。

どうも私は衝動買いのくせがあるらしい。
この前、ウインドーショッピングのつもりで電気店に行った。地デジもそろえたので買うものもない。
ぶらっと見ていたら、フィルムスキャンが出来るプリンターが目に付いた。値段はサンキュッパだ。
家に帰って「価格、COM」を見たら、ニキュッパだ。「お、安い」。それだけで注文してしまった。何とか商法にあったみたい。

若いころからカメラが好きだったので、フィルムは結構たまっている。これをいい状態で保存しようとスキャンを始めた。

若いころの写真が出てきた。
そういえばこういうこともあったな、こんなことしたっけ、と思い出にふけりながらの作業で、結構楽しまれた。

20代はよく山に登った。あの山、この山と言うのではなく、毎年「上高地」へ行き、そこからの登山が多かった。
今は毎年北海道に行っているが、そんな調子で毎年上高地だった。
地元の登山愛好者は白山が近いため、白山に登るが、中々上高地まで足を伸ばす人は少ない。だから単独行が多かった。
夜8時芦原温泉発の電車に乗る。高山に3時ごろ着くと中京方面から来た登山者と一緒になる。ここから上高地までタクシーの相乗りだ。
あの頃のリュックの重さは半端じゃなかったので、バス運賃のほかにリュックの荷物代も取られた。計算すると、タクシーの相乗りのほうが安かったので、いつもタクシーだった。
朝日が出る頃は安房峠の頂上で、6時ごろに上高地に着く。
相乗りの人と同行するときもあり、単独行のときもある。

奥穂高岳は日本で三番目の高さだ。二番の北岳に2m(今は3mと言われている)及ばない。そこで奥穂の頂上には2m分の高さのコンクリートの台が積まれている。しかし、それは公認されずあくまで3190mだ。
その台の上で撮った写真が出てきた。
結構きれいな状態で残ってていた。
三枚目は奥穂から槍を見たところだ。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント