趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ディベート式「文章力」の磨き方

止揚して ウィンウィンの ジンテーゼ
 勝負超えれば 行き着くものを

★『ディベート式「文章力」の磨き方』(北岡俊明/PHP文庫)を読みました。
※ディベートに関する本を読むたびに、刺々しさ、独り善がり、みたいなものを感じてしまいますが、この本もそうでした。折に触れて政治的な発言をし、これこそが論理というものだ、と正当化しているのには閉口しました。

《ディベートは弁証法である》
※違うんじゃないんですか? ディベートは勝ち負けを争い、弁証法はそれを超えた合;ウィンウィンを目指しているように思います。法廷ディベートが冤罪者を生んだり犯罪者を逃したりし、議会ディベートが不毛な論争に終始しがちなのは、勝ち負けにこだわり、合を目指さないからだと思いますよ。

〜〜〜〜〜〜本日のジョグデータ〜〜〜〜〜〜
※真鶴じゃすみ〜ん。さて、NHK受信料の契約&集金スタッフの一人が、気の毒にもこんな状況に追い込まれてしまいました。

《人生最大のピンチに立たされてます。局から、3月末日までの現契約をもって契約期間を終了し、再契約は結びませんと言われてしまいました。理由は、10月から1月までの4ヶ月間、ノルマを上回る成績を上げることができなかったから。厳しい現実です。働けるのは3月までですから、4月に支払われる給与を最後に、今のままでは5月以降の収入の目処が立ちません。今の職を探すのだって、1年かかりましたから、次の職が2ヶ月で見つけられるとは到底思えません。どうしてこんなことになるのか。でも、泣き言言ってても仕方ありません。今やれることをやらねば。頑張ります!http://ameblo.jp/8991/》

NHKが、公共放送の名に値する放送をしていたら、こんな日本にならないし、僕のような解約者も出ないし、契約&集金作業もスムーズに出来たものを。ところがNHKは、新年早々不祥事続きで、昨日も不倫発覚。放送も放送なら、職員も職員。末端スタッフの足を引っ張る事ばかり。前述のスタッフには、ご愁傷様、としか言えないのが、悲しい。

※ruta+daitya/キース・ジャレット(ピアノ)他、を聞きつつ

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。