趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

2/10 「ドクトル・ジバゴ」

70年代には名作10作選に名を連ねていた映画だが、果たしてその真価は如何に?ということで、吹替えで見た。

やれやれ。絶対に、70年代に見ていても感動なんてしませんね。
「アラビアのロレンス」にも面食らったが、今回も。
名作とは程遠い、なんじゃこりゃでした。

あのテーマ曲がしつこい。
楽器の名手だったら、1シーンくらい、役者に弾かせてもいいんじゃない?
しかも、導入部から過去への繋がり方が明確でなく、途中からナレーションが入り、登場人物の相関図がはっきりせず。

最大の問題点は、主人公カップルの基本中の基本の言動が、人として許されないってこと。
またしても、根底にあるはずのモラル欠如だ。
不倫に陥ることは感情の揺らぎとして仕方ない事が多いが、それに対する行動の仕方で、その人間の価値が決まる。
この二人は、互いの愛だけに生き、親として成すべき事をしない、そして作中でも、それに言及しない。
悪人はこの主人公たちであって、あとは普通の、この時代に生きた人たちなのだった。善人なのは、周囲の人達ばかり。

よくもまぁ、こんな映画に対して、名作だなんて言えたよね。
テーマ曲が有名だけど、それだけだ。

現代では、この映画を名作だなんて思う人はいないだろうけど、昔はいた。それだけでも、信じられない。
全く、我が目を疑った。そんな200分だった。

見終わってから、文句が止め処もなく出た。
「アラビアのロレンス」もひどかったから、予想はしていたが。
ここまでひどいとは知らず。確認できて良かったな。

オマー・シャリフは役者人生において、恵まれなかった人だと残念に思った。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。