趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

冬景色

雪は、あっという間に溶けてしまった。
おだやかな陽ざしが、まるで何事も
なかったように射している。

   おだやかな 陽ざしに和む 冬景色

そんな句を創っていたら、昔、小学校の
時に唄った「冬景色」を思い出して、思わず
口にしていた。
たしか、文部省唱歌だったと思う。

   さ霧消ゆる湊江の  
      舟に白し 朝の雲。

   ただ水鳥の声はして
      いまだ覚めず、岸の家。

その頃は、ただ大きい声で唄っていたが、毎年
冬になると、自然に口にしていた。

冬の朝のピリッとした空気。
すっきりとしたその空気の中に佇んでいるような
気がしてくる。
その風景までが目にうつり、想像力を掻き立てる。

老人から子供まで、世代意識を超えて唄える、
素晴らしい唱歌である。

唱歌には「季節」がある。
「紅葉」   秋の夕日に 照る山紅葉・・・・
「朧月夜」 菜の花畑に 入日薄れ・・・

格調高い歌詞。誰でもすぐに覚えられるメロディ。
本当に素晴らしい事に今頃気付く。

今、小学校では、果たして唄われているのかどうかは
定かではない。

昔を思い出して、「冬景色」唄ってみませんか?

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。