趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

素浪人の『万葉集漫談』(163話)…北陸への旅路で聞いたお話。

(163) 筑紫なる にほふ子ゆゑに 陸奥の
      阿刀利娘(おとめ)の  結ひし紐解く
       巻14・3427 陸奥(みちのく)の東歌

解説・ ここ筑紫の国の、眩いばかりに艶やかで美しい乙女に心惹かれて、陸奥の国の阿刀利の乙女が結んでくれた下紐を解くことになってしまった、ああ。…というところでしょうか。

阿刀利の地名は定かでありませんが、娘は恐らく遊女(うかれめ)なのでしょうね。学説は分かれますが…。

若いころ私を親しく可愛いがって下さった大きな国立病院の院長さんとご一緒して、北陸を訪れた事がありました。
車中、色んな雑談の中で、「僕らが子供のころは、大きな藁こずみの中に潜り込んで、男も、女も素っ裸で寝たものだよ。あっはっは。中は暖かいんだよ。」と豪快に笑われた記憶があります。
いや、性とは関係のないお話しですが、『万葉集』で、いろんな事を学ぶ今日になってみますと、もう少しその辺の事情を詳しく聞いておけばよかったと、悔やまれることです。
東北のご出身とかで大学の病院長もされた方でしたが、人格高く病院再建に貢献されてていた崇高な姿が今も、目に焼き付いております。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。