趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

びっくりの永平寺

飛騨高山・金沢・永平寺・白川郷を訪ねて
http://smcb.jp/_as01?album_id=732772

2月13日から3日間駆け足で飛騨高山、金沢、永平寺、白川郷を訪ねた。

飛騨高山・金沢は何度か出かけていたが特に白川郷・永平寺は初めての訪問でやはり「百聞は一見に如かず」と言う思いを新たにした。

金沢から永平寺へは福井で乗り換えて「永平寺口」までローカル電車で行くのだが名前で永平寺口とあるのですぐ前が永平寺と勘違いしそうであるが永平寺口駅から約7キロ以上離れているのである。

帰りは金沢で「ふ(麩)のコース料理」を予約していたので、それに間に合うために永平寺では一時間もかけられなかったのが少し心残りでもあったが十分雰囲気を堪能できた。

永平寺の木造建築は全て無垢材を使ったすばらしいもので、特に欅の大きな(自分の手で一回り以上)そして高さのある何本もある柱は今ではまず調達は出来ないものであると思われた。

70もある建物がすべて無垢の素晴らしい木材でこんな壮大なお寺があるのかと感動した。まさにびっくりの永平寺である。

麩のコース料理はこれもまた初めての経験であったが、麩の色々な料理がとてもおいしくいささかの感動を覚えるものであった。

金沢では丁度到着日に「兼六園」のイルミネーション最終日(?)とのことだったのでホテルにチェックインしてすぐ見学にでかけ、次の日はバス一日フリー切符にて昼間の兼六園も見学したが、以前に経験した雪景色の兼六園よりもはるかに雪が少なくちょっとがっかりであった。

白川郷はさすが世界遺産登録というだけあって貴重な歴史建築の雰囲気十分なものであった。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。