趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

小沢に振り回される政治家たち・・・

この反乱に「大義」などあるはずもないが、大義として持ち上げる論にはいささかが疑問を感じるざるをえない。なぜならこの者たちは比例区に下位で当選を果たした者たちばかりであり、自分の存在位置を高めようとする、これも民主党的発想の表れであり、とても支持できるような問題提起でもない。

一部のエセ評論家を含め国民の中にも小沢待望論なるものが浸透しているという、一寸まってほしい、道義的な責任を感じない政治家に日本の国家を任せるという、違法性があるとか、正当だとかいうものではなく、政治に対する姿勢の問題であり、小沢の自己顕示力的発想こそ日本の政治に危機的状況をもたらせているということが理解できないのであろうか。

日本の二大政党制度といわれる現状で、実は民主党には党としての綱領が存在しない。この党の基本的活動としての国の形さえ明確にはなっていないのであり、結果的に烏合の政治家たちが寄せ集まっているというのが現状であり、ここに、小沢や鳩山、輿石という無思想な金権政治家とずるがしこい身勝手な政治家が存在できる体質をあわせもっているのもで、この民主党の体質こそ小沢にとっては都合のいい活動の場になっている。

小沢を親分と認めるこれらの子分たちは、親分の意に沿って、管首相を引きずり降ろし、権力を手に入れようとする国民そっちのけの党内権力闘争を展開する、なんでもマニフェスト通りに政治をしろというのが主張らしいが、無駄の排除で財源を生み出し、マニフェストを実現させるとしたことが、仕分けとやらの中で破たんしたのではなかったのか、だとするなら、当然マニフェストの修正は行うことが先決であり、それを公約通りやることが国民との約束だと小沢は言うが、このような偽善を振りかざし、国民に媚を売る小沢一郎に政治家たちは振り回されているという悲しい現実に国民のいら立ちは募るばかりではある。

民主党政権が日本の政治にきちんと責任を持つには、首相である菅氏がどうでもいいような態度ではなく、自分の信念を持ち、決断力と展望を示すことにほかならない。日本の政治は一人の政治家によって大きく変化することができる。それにはいい悪は別として、小泉純一郎氏の決断力と政治性を参考にすべきであろう。それが小沢一郎への抑止力となりうるし、日本の政治の前進ともなるのである。


「高尾山冬そば」ウォーク
3月13日(日)午前8時30分前後、新宿京王駅改札口集合(日の丸が目印)高尾山へ登り、冬そばを食べながら政治の現状、諸問題についてかたってみませんか・・・。現在4名参加予定、この機会に、ご一緒しませんか連絡をお待ちします。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。